なぜ総合的な精密検査が必要なのでしょうか?

総合的な精密検査が必要

一本の虫歯にも、いくつかの原因があります。どうして虫歯になったのかを調べずに、応急処置的な治療を行うと、また虫歯が再発してお口の中全体の状態がさらに悪くなります。何度も再発を繰り返し治療を繰り返すケースは、そもそもの原因を見極めずに、患部だけの治療を行っているからなのです。

また、唾液検査やかみ合わせの検査をせずに虫歯を治療しても、虫歯のリスクがわからず、効果的な予防ができません。きちんと検査をした上で、その方に適した治療や予防を考える必要があります。お口の健康を維持するためには、口の中の問題の原因究明が大事です。一見、回り道に感じられるかもしれませんが、私たちは原因やリスクを突き止めるために総合的な精密検査を行なっています。

人間ドックのように徹底した検査を行い、治療や予防に役立てます
残念ながら、保険診療での簡単な検査では、口腔内の確かな状態がわからないことがあります。例えば歯周ポケットの検査も、保険診療では単純に深さを測るだけですが、当院では1本の歯について6箇所を計測する6点法を導入し、どの部分で歯周病が進行しているか、歯の形、根の長さ、溝の深さなどによるリスクを明確にして治療を行います。

人間ドックのように歯とお口の健康を守るために総合的な精密検査を行うことが当院の特徴です。だからこそ、より効果的で、再発を防ぎ、将来までを考えた治療が可能となると考えています。

患者さんにもお口のなかの状況や治療を把握していただきます

総合的な精密検査お口の中は自分で見ることができません。ですから「虫歯で歯が痛い」という方も、どこがどのように悪くて痛いのか、ということをおわかりになっていない場合が多いものです。しかし、悪いところがわからないままでは、治療しても歯磨きやお手入れが行き届かないこともあります。お口の中を見て悪いところを確認することは、治療の第一歩です。

そこで当院では、お口の中を写真やビデオで記録し、動画などで見ることができるシステムを導入。その場で患者さんに見ていただきます。お口の中の問題的や特徴を、患者さんと歯科医師、歯科衛生士が共有してこそ、よりよい治療が実現できると考えています。

当医院の総合的な精密検査の内容

・口腔内規格写真
・顔貌写真
・各種レントゲン写真
 (パノラマX線写真、デンタルX線写真、頭部X線写真 ※矯正学的分析の際必要に応じて
・上下印象(型取り)後の咬合器上での模型分析
・顎機能検査(顎の関節、周囲筋のチェック)
・唾液検査

院内のネットワークシステム【トリニティコア】

トリニティコア検査終了と同時にレントゲン画像や歯周組織検査のデータをホストコンピュータに転送し、各診療台のモニター表示やプリントアウトを実現させたシステムを導入しました。

検査結果をすぐにプリントアウトできるため、お口の現状をその場で確認していただくことができ、また治療前後の写真を並べて見比べることもできます。診察や検査の結果を目で確認していただきながら今後の治療計画についてわかりやすくご説明し、カウンセリングを行います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム