なぜ総合的な精密検査が必要なのでしょうか?

総合的な精密検査が必要

一本の虫歯にも、いくつかの原因があります。どうして虫歯になったのかを調べずに、応急処置的な治療を行うと、また虫歯が再発してお口の中全体の状態がさらに悪くなります。何度も再発を繰り返し治療を繰り返すケースは、そもそもの原因を見極めずに、患部だけの治療を行っているからなのです。

また、唾液検査やかみ合わせの検査をせずに虫歯を治療しても、虫歯のリスクがわからず、効果的な予防ができません。きちんと検査をした上で、その方に適した治療や予防を考える必要があります。お口の健康を維持するためには、口の中の問題の原因究明が大事です。一見、回り道に感じられるかもしれませんが、私たちは原因やリスクを突き止めるために総合的な精密検査を行なっています。

人間ドックのように徹底した検査を行い、治療や予防に役立てます
残念ながら、保険診療での簡単な検査では、口腔内の確かな状態がわからないことがあります。例えば歯周ポケットの検査も、保険診療では単純に深さを測るだけですが、当院では1本の歯について6箇所を計測する6点法を導入し、どの部分で歯周病が進行しているか、歯の形、根の長さ、溝の深さなどによるリスクを明確にして治療を行います。

人間ドックのように歯とお口の健康を守るために総合的な精密検査を行うことが当院の特徴です。だからこそ、より効果的で、再発を防ぎ、将来までを考えた治療が可能となると考えています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム