充実した毎日のために、確かな噛み心地を取り戻してください【当院の考え方】

欠損補綴

歯が抜けたり、あるいは抜かざるを得なくなって抜歯した場合の治療を欠損補綴と言います。天然歯に勝るものはありませんが、歯科医療の進展により、入れ歯やブリッジ、インプラント、歯牙移植など多様な治療法が開発されてきました。当院では、欠損補綴についても豊富なメニューをそろえ、患者さんの症状やご要望にお応えしています。

院長はお年寄りの歯科治療を多く手がけ、訪問診療や施設での診療についても豊富な経験があります。その中で寝たきりになられたり、長期入院されている患者さんの口腔ケアなども手がけてきました。歯をなくした方に対する豊富な治療経験を生かしながら、ライフステージに合わせた最適な治療をご提供したいと考えています。

お気持ちに寄り添い、ご希望に沿った治療をご提供します【当院の特徴】

欠損補綴歯をなくした方は、「もう取り返しがつかない」ととても大きなダメージをお持ちなのではないでしょうか。まずつらい気持ちを心置きなくお話ください。そして、「また固い物も噛めるようになりたい」「金具が見えるのはいや」「若々しく見える口元でいたい」などご希望をお話しください。

なくした歯を取り戻すことはできませんが、快適な噛み心地や充実した食生活を取り戻すことはできます。患者さんのお口の中やライフスタイル、ご希望に沿った治療法を一緒に考えてさせてください。心に寄り添うご提案をさせていただきます。

抜けた歯をそのままにすると、他の歯まで悪くなります
歯が抜けてしまっても「痛くないから」「他の歯で噛めるから」とそのままにされることがあります。しかし、1本でも歯が抜けるとかみ合わせのバランスが崩れ、抜けた歯の隣の歯が倒れ込んだり、他の歯がダメージを受けやすくなります。

また歯が抜けるのは、虫歯や歯周病などにそもそもの原因があるはずです。それをそのままにしておくと、他の歯も同じように抜けてしまうリスクが高まります。歯が抜けたそもそもの原因を見極め、必要な治療を施し、他の歯を守ることも大切です。当院では、お口の中の問題を総合的に見極めた上で、適切な治療法をご提案していきます。

症状や年齢に合わせてさまざまな選択肢をご用意しています

部分入れ歯・入れ歯入れ歯
・取り外しができて手入れがしやすい
・しっかりした噛み心地が期待できる
・高齢になってもケアがしやすい
・保険診療から自費診療のものまでたくさんの種類がある

インプラントインプラント
・比較的若い人に勧められる
・しっかりとした噛み心地が取り戻せる
・他の歯を痛めることがない
・埋入手術が必要
・骨や歯ぐきの状態などの条件が必要
・メインテナンスが必要→高齢になるとケアが大変

ブリッジブリッジ
・手軽に噛み心地を戻すことができる
・両隣の歯を削って被せ物を装着するので、両隣の歯を傷めやすい

歯牙移植
・親知らずを抜いて、移植する
・天然歯に近い噛み心地が得られる
・適応する場合が限られる

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム