2015年9月 1日

桜新町の皆さまにお役に立てる歯科医院をめざします

院長あいさつ

皆さま 初めまして。「こもり歯科クリニック」院長の小森真樹です。

縁あって、この桜新町で開業させていただくことになりました。家族ぐるみでずっと長くお付き合いしていただける、何でも相談していただける、そんな歯科医院をめざしています。

健康意識の高いエリアで、価値ある歯科治療を

院長あいさつ私は富山出身で、歯科医師の父の背中を見ながら、しかし、自分の価値観や直感も大事にして歯科医師の道を歩んできました。父の跡を継ぐ選択肢もありましたが、第一線で活躍するドクターが多く参加するスタディグループに所属し研鑽を積む中で、価値のある高品質な歯科治療を究めたいと考えるようになり、自らの進みたい方向が明確になってきました。

また、同じ歯科医師でもある妻が世田谷区出身であることから、この桜新町という街を知り、健康や歯科治療に高い意識をお持ちの方の多いエリアでこそ、私のめざす歯科治療がお役に立つのではないかと考えるようになったのです。

従来のその場限りの消耗品のような歯科医療ではなく、徹底的な検査でお口の中の状態と問題点を見極め、最善の治療をご提供し、その後は適切な予防やメインテナンスで、桜新町の皆さまに、生涯にわたって健やかに過ごしていただきたいと願い、開業に至りました。

成長するクリニックとして皆さまと共に

院長あいさつ歯科医療の領域は目覚ましく進化を続けています。その一方、私自身はまだまだ未熟です。ですから、新しい知識や診療技術については貪欲に学び、信頼に足るものは積極的に診療に取り入れ、歯科医師としてまたクリニック全体としても常に成長しスキルアップしていきたいと考えています。

また、これからの歯科医師は、お口の中を診て治療をするだけではなく、ホームドクターとして患者さんの悩みや思いを共有して共に考えていく存在、話し合える存在でもあるべきです。家族的なクリニックとして、特にお子さまについてのご相談には、親の立場で親身に対応させていただくことも当院の特徴にしたいと考えています。

健康に充実した人生を送りたいとお考えの方、健康で快適な毎日に価値を見いだされる方、そして、ご家族を大切にされる皆さまに最善を尽くし、理想的な治療をご提供することが私の夢であり、願いでもあります。
どうぞよろしくお願いいたします。

院長経歴

院長あいさつこもり歯科クリニック 院長 小森真樹

【経歴】
2007年3月  日本大学歯学部卒業
2008年3月  日本大学歯学部付属歯科病院臨床研修課程修了
2008年4月  医療法人内剛会 内田歯科医院勤務 
2009年9月  よしだ歯科クリニック勤務
2015年10月 こもり歯科クリニック開院

【資格・所属】
日本顎咬合学会 認定医 関東甲信越支部理事
スタディグループ赤坂会 幹部
東京SJCD 会員
日本顕微鏡歯科学会 会員

院長はこんな人です
・家族は、歯科医師である妻と、2人の娘。育児も料理も手がけるイクメンです
・自信があるのは継続力と体力。まじめにコツコツ地道に継続することは得意です
・趣味はスポーツ。大学時代は日本拳法、今はフルマラソンに挑戦しています。2回目のマラソンで4時間を切ったのが自慢です

限りなく無痛に近い治療

痛いのが怖い方でも安心して治療を受けていただけます

できるだけ痛くない治療を工夫しています

無痛に近い治療

「痛い」「怖い」という方にも安心な痛みをできるだけ軽減した治療を心がけています。常にていねいに優しく診察を行うよう心がけています。

チクッとした痛みをなくすために、表面麻酔を行います
歯科治療が痛くてイヤという方の多くは、そもそも麻酔をする時の最初の"チクッとした痛み"が苦手なものです。そこで当院では、まず表面麻酔を使用することで麻酔の痛みを減らしています。

表面麻酔は、患部に塗ることで麻酔効果が得られる薬剤で、もちろん液を塗るときに痛みは感じません。だんだんと麻酔が効いてきた後に、電動注射器で麻酔を注入しますので、ほとんど痛みを感じることなく麻酔をすることができます。

痛いのが怖い方でも安心して治療を受けていただけます痛みの少ない治療
また麻酔注入時のズーンとくる痛みは、圧力が原因です。当院では、この痛みを和らげるために電動注射器を使い、コンピュータ制御でゆっくりと一定の速度で麻酔液を注入します。そのため麻酔の嫌な痛みを緩和することができます。

不安をなくしていただける工夫を行っています

限りなく無痛に近い治療歯科治療が苦手という方や恐いという方の多くは、過去に痛い治療を経験されているため、実際の痛み以上に痛く感じられることが多いようです。そこで当院では、麻酔だけでなく、適切なタイミングでのお声かけや、安心していただける歯のさわり方、治療器機の使い方などまできめ細かく配慮しています。

感染対策を重視

世界基準であるシロナ社のクラスB滅菌器を備えています

見えないところだからこそ、感染対策を重視しています

感染対策を重視

感染対策や滅菌システムは、患者さんには見えない部分であり、ともすれば、軽視されたり後回しにされがちなところです。しかし、緻密で安全な歯科治療を実現していくためには最も重要です。

世界水準のクラスB滅菌システムを導入しました
当院では、感染対策は歯科治療の基本であると考え、確実に行える体制を整備しています。滅菌システムには、世界的に「あらゆる細菌を確実に死滅させられる」と認められているクラスBの高圧蒸滅菌システムを導入しました。

直接、歯や歯ぐきに接しない切削器具にも唾液や血液はとぶものです。だからこそ、患者さんごとに1本ずつ徹底的に滅菌できるシステムで、患者さんにも私たちスタッフにも安心な清潔環境を実現しています。

院内のすみずみにまで、清潔意識を行き届かせています感染対策を重視
もちろん患者さんの使われる紙コップやエプロン、ドクターや歯科衛生士が使う手袋、注射針などは1回の治療ごとに使い捨てるディスポーザブルタイプを使用しています。治療を受けていただく患者さんに、できる限りの安心と安全をお届けし、気持ちよく治療を受けていただくことができるように、万全の感染対策を行っています。

Miele(ミーレ ジェットウォッシャー)を設置しています感染対策を重視
また当院では、高性能な洗浄・除菌システムである「ミーレ ジェットウォッシャー」を設置しております。従来の手洗いではまず洗浄が難しいといわれる機材内部や器具に付着した汚れを、細部までくまなく洗浄するシステムです。

優れた洗浄効果を得る事ができ、その洗浄効果を標準化できるため、院内感染のあらゆるリスクから患者さんをお守りすることが可能となります。

ミーレジェットウォッシャーの動画はこちら

女性の視点を大切にした診療と院内環境

お話ししづらい内容でも、お気軽にご相談ください

歯科衛生士や女性ドクターの視点を大切にしています

歯科衛生士や女性ドクターの視点

開業にあたって、院内の構造や診療内容については、副院長や歯科衛生士などスタッフの意見を取り入れ、女性目線を生かしたクリニックづくりに努めました。

キッズスペースやバリアフリー。お母さん目線できめ細かに
院内にはキッズスペースを設け、またベビーカーや車椅子でもそのまま移動していただけるバリアフリーにしています。トイレにはおむつ替えシートを設けるなど、小さいお子さま連れの方も安心して通院していただけるように配慮しています。また診療室は個室ですから、他の患者さんを気にすることなく親子で過ごしていただけます。

歯科衛生士や女性ドクターの視点歯科衛生士や女性ドクターの視点

お子さまの大切な歯を守り、健やかな未来を実現するために

院内環境歯科医療が進展し、予防歯科が広まるに連れて、お子さまの歯やお口の中の状態は、お父さんやお母さんの健康意識、子育て意識に深く関わるものとなりました。小さいうちから歯科に通い正しく歯磨きすることで、虫歯のないお子さまに育てることは可能になり、健康意識の高いエリアではお子さまの虫歯がかなり少なくなっています。矯正治療で大人になる前に、きれいな歯並びになるお子さまも増えてきました。

親としての思いも生かして、健やかな成長をお手伝いします
院長、副院長は2人の娘のパパ、ママでもあります。親となって初めて気づいたことや学んだこと、改めてわかったことがたくさんあります。また、子どもを大切に思い、健やかな成長を願うお父さん、お母さんのお気持ちも痛いほどわかるようになりました。

そんな学びや願いを、小児歯科や小児矯正など子どもに関する治療によりいっそう生かしていきたいと考えています。大切なお子さまの歯を共に守り、健やかな未来を実現するためのお手伝いをさせていただきたいと願っています。

完全予約制でじっくりと治療を

リラックスして治療を受けていただくために

患者さんの大切な時間を有意義に生かすために完全予約制としています

完全予約制

お仕事や趣味のことでお忙しい方、生活を楽しみたいとお考えの方、ご家族との時間を大切にしたいとお考えの方、そんな方がたくさんお住まいの桜新町ですから、私たちも皆さまの時間を大切にしたいと考えています。

そのため、診療は完全予約制としています。予約時間通りに始めて時間内に終わるように最善を尽くします。大切な時間を有効にお使いいただけるように心がけています。

予約時間をお守りいただけると診療もスムーズに進みます
予約していただいた患者さんのために歯科医師やスタッフがスタンバイし、診療に必要な機器や材料もご用意してお待ちしています。当日のキャンセルは、他の患者さんのご迷惑にもなりますので、できるだけ早めにお知らせください。もちろん、急患や、急なお痛みやトラブルには、できるだけ速やかに対応させていただきますのでご安心ください。

全治療でマイクロスコープを使用

高度な技術を学び、その性能を最大限に活かした治療を行います

全治療でマイクロスコープを駆使し、精度の高い治療を心がけています

マイクロスコープを駆使

歯科治療においても、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)の導入が進んできました。マイクロスコープを使うと、肉眼では見ることができなかった細部を確認し、より正確な診断と繊細な治療を行うことができます。マイクロスコープによってより精密に歯を守る治療が可能になってきました。

さらに高性能な直視できる機種を導入
当院ではマイクロスコープの中でも高性能な機種(独 Carl Zeiss社製 PICO MORRA)
を導入しています。通常一般的なマイクロスコープでは、歯科医師が鏡を持ち、鏡越しに治療するミラーテクニックが主に使われます。ミラーテクニックは優れたテクニックですが、治療範囲が狭まってしまい治療に時間を要してしまいます。院長は、鏡越しではなく直視することができるテクニックを修得し、日々研鑽を重ねています。

直視で診るため鏡を持つ必要がなく両手が使え、ほぼすべての治療をよりスピーディに正確に行うことができます。

高機能なマイクロスコープを使いこなすトレーニングにも励んでいます

マイクロスコープによる治療高度な機器も使いこなすことができなくては意味がありません。トレーニングを積み重ねることによってこそ、使いこなすことが可能になります。そこで院長は、専門的なテクニックを学びトレーニングを重ね、確かなテクニックを修得してきました。

すべての治療に高機能なマイクロスコープを使用することによって、肉眼の最大24倍に拡大して見ることができ、肉眼では診ることのできない歯の細かい凹凸や、マイクロクラックと呼ばれる微小なヒビ、歯の内部の状態などさまざまなことが手に取るようにわかるので、診断能力が大幅に向上し、より精密な治療を行うことができます。マイクロスコープを駆使し、精度の高い確かな治療をご提供したいと考えています。

わかりやすくリアルな映像記録で理解し安心して治療を受けていただけます
さらに限られた治療時間の中で、患者さんに治療を理解し、納得し、安心していただくために、マイクロスコープの動画をその場でお見せする最新のプレゼンテーションシステム(株式会社カリーナシステムのDVP-2)を導入しています。記録した映像を瞬時に再生することができるだけでなく、治療前と治療後の比較もできますので、わかりやすくご説明することができ、安心して治療を受けていただけます。

マイクロスコープによる治療は、人生を変えることもあります

マイクロスコープによる治療一見、歯並びがよくても、実は前歯がかみ合っていないなど不具合がある場合、マイクロスコープで見ると、負担のかかっている歯にマイクロクラックというヒビが入っているのがわかります。そのままにしておくとかみ合わせが崩れ、やがては歯を失うことになりかねません。

こうしたかみ合わせの不具合を早期に発見し、治療を行い、適切な予防やケアに取り組むと、高齢になっても歯が残る可能性が高まります。マイクロスコープを使った精度の高い診断や治療で、これまでは抜歯を必要としていた歯を延命することもできるのです。

患者さんにもご自分の歯の状態を詳細まで理解していただくことができるので、治療や予防に対するモチベーションが高まります。当院では、マイクロスコープには、患者さんの人生をよりよく変える可能性があると考え、治療に活用しています。

総合的なカウンセリング

検査をじっくり行い、お一人ひとりに合った治療プランをご提示

精密な検査をもとに、お一人ひとりにオーダーメイドの治療プランを作ります

総合的なカウンセリング

当院では悪い部分を削って埋めるだけの治療ではなく、お口の中全体を診て、根本的な原因からアプローチしていくのが特徴です。

患者さんお一人ひとりに最適な治療をご提供するために、精度の高い診査・診断、適切な治療計画のご提案を行います。適切なかみ合わせや、自然な美しさも考慮しながら、お口の健康を維持しやすい環境に整え、患者さんの健康的な生活を長期的にサポートさせていただきたいと考えています。

じっくりお話をするためのカウンセリングルームと個室診療室
患者さんのお気持ちやご要望をじっくりとお話いただき、ご質問や不安にしっかりと対応させていただくためにカウンセリングルームを設け、また診療室はすべて個室タイプとしました。プライベートに配慮した空間で、患者さんのお気持ちに寄り添い、問題点を共有し、最適な解決方法を共に見いだしていきたいと考えています。

安心して治療を受けていただくための努力は惜しみません

総合的なカウンセリングお口の中の状態や生活習慣、治療に対するご要望は患者さんによって異なります。
当院では常に患者さんに最適な治療をご提供し、また患者さんご自身にもお口の中の問題を知っていただき、治療に積極的に取り組んでいただきたいとの願いから、治療前のカウンセリングやインフォームドコンセントに特に注力しています。

また高度な治療も理解していただけるようにわかりやすい説明ツールを充実させ、診療ユニットにはすべてモニターを装備しました。モニターでお口の中の写真やレントゲン写真、各種検査結果などを見ていただきながら、お口の中の状況を正しくお伝えし、さまざまなツールを利用して必要な治療をわかりやすくご説明します。

いくつかの治療法がある場合は、それぞれの特徴やメリット・デメリットを詳しくご説明し、専門的な立場からのアドバイスをさせていただいた上で、患者さんご自身に選択していただきます。同意をいただいて治療を始めてからでも、不安なことやご質問がありましたから、遠慮せずにご相談ください。

自費治療や治療費についてのご相談もお気軽にどうぞ

総合的なカウンセリング欠損補綴(入れ歯やインプラント、ブリッジ)や、審美歯科、矯正治療など自費診療が中心となるものは、理想的なものからスタンダードなものまでさまざまな選択肢があり、治療費や治療期間も多様です。

「こんなことを聞いてもいいのかな」
「費用のことは聞きにくい」
「ちょっと恥ずかしい」
そんな不安や疑問をお持ちの場合も、プライバシーに配慮したカウンセリングルームで、いつでもリラックスして気軽にお話しいただけます。

ご家庭に合わせて無理なく治療をお受けいただくために
また、一般の方にもわかりやすいビジュアル的な資料や、ご家族と相談していただくことも考慮し、持ち帰っていただける資料もご用意しています。お子さまの進学やご家族のお祝い事などライフステージに合わせて、経済的に余裕のあるときに無理なく治療を受けていただけるようなプランもご提案いたしますので、どんなことでもどうぞご遠慮なく、ご相談ください。

このようなときは、お気軽にご相談ください
・治療を始める前に費用を知っておきたい
・保険診療と自費診療の違いを知りたい
・治療期間がどれくらいかかるかを知りたい
・セカンドオピニオンを受けたい
・1本ずつ、審美治療やインプラント治療を受けたい

白く美しい歯から、歯への意識を高めてください

白く美しい歯

歯やお口への意識の高まりと共に、ホワイトニングや審美歯科へのニーズも高まってきています。

「笑顔に自信を持ちたい」「憧れの白い歯になりたい」そんなご要望にお応えし、ただ白くするだけでなく、白い歯が口元の美しさや健やかさにつながるようにしたいということこそが、私たちの願いです。

ご要望や症状に合わせて、さまざまなメニューをご用意しています

白い歯明眸皓歯(めいぼうこうし)という言葉があるように、白い歯は美しさの象徴とされています。「笑顔に自身をもちたい」「あこがれの白い歯になりたい」「歯の黄ばみやくすみをとりたい」とお悩みの方はたくさんおられます。

当院ではただ白くするだけのホワイトニングではなく、どうして白くしたいのか、どこにお悩みなのかをじっくりとうかがった上で、最良の治療をご案内します。

ノーマルなホワイトニングは、ご家庭で手軽に時間をかけて白くするタイプと、クリニックで短時間に白くするタイプをご用意しています。また、歯の神経をとった後に歯が中から黒ずんでいる場合の治療(ウォーキングブリーチ)や、歯ぐきの黒ずみに対するレーザー治療もご用意していますので、お気軽にご相談ください。

予防を大切に考えるからこそ、歯科衛生士の果たす役割も重視しています

歯科衛生士の役割

当院では、歯にとっては、虫歯の治療をするより虫歯にならないように予防することが重要と考えています。治療の終わった患者さんの歯を守るため、お口の中の状態に応じて、1か月〜6か月ごとの定期検診をお勧めしています。

そのために活躍するのが歯科衛生士です
歯科医師の診断と指導のもとで、お口の中のクリーニングや歯磨き指導を担当することに加え、患者さんのお悩みやお考えをきめ細かにお聞きし、歯科医師に伝えることも歯科衛生士の大切な役割です。困ったこと、気になること、ご要望、ライフステージの変化など何でも気軽にお話しください。

担当衛生士制を導入しています

担当衛生士制を導入患者さんお一人ひとりに担当の歯科衛生士が付き、患者さんの歯の状態や習慣、ライフスタイルなどを理解したうえで、適切なケアやアドバイスを行います。常に同じ歯科衛生士が担当することによって、よりきめ細かな対応ができ、信頼関係が育めると考えています。

歯科衛生士も学び続けます
さらに院内でのミーティングや研修会を行うと共に、歯科衛生士も専門性を磨き、予防歯科や歯周病治療について院外での勉強会やセミナーにも積極的に参加し、研鑽を積んでいます。学びを生かして、より質の高いケアや歯磨き指導にフィードバックしていきたいと考えています。

歯を守るためには、予防に勝る治療はないと考えています

予防の重要性

どんなに医療が進歩しても、天然の歯に勝るものはありません。当院では、かけがえのない天然の歯を大切にしていただくために予防に力を入れています。きちんと予防すると高齢になってからも自分の歯でしっかりと物を食べることができます。もちろん、歯の治療に時間と費用をかける必要がなくなります。

定期的に歯科に通ってメインテナンスを受け、ご家庭での歯磨きやお手入れのチェックと指導を受けることで虫歯や歯周病を防ぎ、大切な歯をいつまでも健康な状態で維持できることを、多くの方に知っていただきたいと考えています。

歯科予防を長い目で考えていただきたいのです

予防の重要性虫歯治療は一度治してしまえば終わりということではありません。詰め物や被せ物にも寿命があり、取り替える際に歯を削る必要があるので、若いうちに虫歯になると歯を失う可能性も高く、インプラントや入れ歯など比較的高額な治療が必要になってきます。そして、子育てや家事、仕事でお忙しい方にとっては、虫歯や歯周病治療に通院することで、時間的な負担になることも珍しくありません。

数ヶ月や1年の単位で考えると、「定期検診やメインテナンスは、面倒であり、割高だ」とお感じになられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、生涯を通してみると医療費や時間を効率的に、スマートに使う方法だといえるのではないでしょうか。

予防を重視し、通院していただきやすい配慮をしています
当院では、より多くの方が予防歯科によってご自分の歯やお口の健康を守っていただけるように、お一人ひとりに合わせた予防をご提案しています。そして通院していただきやすいように、予約システムも整備してお待ちしています。お年寄りや小さいお子さま連れの方も来ていただきやすいように、院内はバリアフリーにし、キッズスペースも設けました。ぜひ、当院の予防歯科を活用して、歯の健康を守ってください。

虫歯や歯周病は、どうして再発するのでしょうか

再治療のない治療を目指して

虫歯と歯周病は、そもそもの原因は唾液の中にある細菌感染です。そこに食生活や生活習慣、体質などが複雑に関わって発生します。治療を受けてもまた再発するのは、患部に細菌が残っているか、新たな細菌感染が起こり、そこに環境要因が加わった場合です。治療しても、食生活や生活習慣が変わらないとまた再発することがあります。

再発を防ぐためには、患者さんの努力も必要です
歯科衛生士の指導に従ってご家庭での歯磨きやお手入れに取り組んでいただき、定期検診やメインテナンスに通院していただくことが重要です。一度治療したら、二度と再発させないために、共に予防に取り組みましょう。

再治療を防ぐために最善の努力をしています

再治療を防ぐベストを尽くして治療をしたのに、虫歯や歯周病がまた再発し、患者さんが痛い思いをされたりお悩みになることは、歯科医師としてとてもつらいことです。再発を防ぎ治療を繰り返さないことは私たちの大きな使命だと考え、そのために最善を尽くしています。

治療に際しては、マイクロスコープを使い精密な治療を行い、虫歯菌に感染した部分や、歯周病の原因となる汚れを徹底的に取り除きます。また総合的な精密検査を行ってお口の中の状況を正確に把握し、また、食生活や生活習慣をよくお聞きすることで、どのように虫歯や歯周病ができてしまったのかをとことん追求し、リスクを取り除きます。

そして、健康なお口の状態を維持していただくために、定期的な検診とメインテナンス、ご家庭でのホームケア指導にも力を入れています。歯の病気は再発するものという、今までの常識を払拭し、再治療のない治療を目指しています。

治療の主役として、現状や問題点をご理解いただけるよう努力しています

お口の中の問題を知る

治療の主役はあくまでも患者さんご自身です。ですから、当院ではさまざまなコミュニケーションツールを駆使して、検査結果をすべてお伝えします。お口の中全体を考えた治療計画をていねいにご説明し、現状や治療についてご理解いただきます。

当院では、健康なお口の中の状態を維持し、生涯にわたってコントロールしていくためには、患者さんの立場に立ち、将来的にも長持ちする治療を行うことが歯科医師としての責任だと考え、その場しのぎの治療はお勧めしません。そのためにもまず、患者さんご自身に、お口の中の状態や問題点、治療計画について理解し、納得した上で選択していただくことが大切だと考えています。

患部やお口の中を見ていただき、治療へのモチベーションを高めます

従来の歯科医療は、詳しい状況や問題点を患者さんに説明せず、根本的な問題解決をしないままに進められることが多かったように思います。その結果、治療が長持ちせず、虫歯や歯周病が再発を繰り返すことになっていました。

根本的な原因にアプローチし、患者さんの理解を深めますお口の中の問題を知る
再発を防ぐためには、唾液の検査やかみ合わせ、歯周病の検査、食事時間や間食などライフスタイルまでを確認した上で、お口の中のリスクを明らかにして原因を突き止めることが必要です。そして、歯科医師だけではなく、患者さんご自身に治療や予防を続けていく意欲を持っていただく必要があります。

そこで当院では、まず問題点を知っていただき、共有していただくことが大切だと考えています。そして、問題を解決するためにはどうすればいいかを、患者さんと話し合った上で治療計画を立てます。さらに定期検診やメインテナンスに通院していただくだけでなく、ご自分のお口の中のリスクを減らし、生活習慣の問題点を改善していけるように、進んで予防に取り組んでいただけるようにと考えています。

なぜ総合的な精密検査が必要なのでしょうか?

総合的な精密検査が必要

一本の虫歯にも、いくつかの原因があります。どうして虫歯になったのかを調べずに、応急処置的な治療を行うと、また虫歯が再発してお口の中全体の状態がさらに悪くなります。何度も再発を繰り返し治療を繰り返すケースは、そもそもの原因を見極めずに、患部だけの治療を行っているからなのです。

また、唾液検査やかみ合わせの検査をせずに虫歯を治療しても、虫歯のリスクがわからず、効果的な予防ができません。きちんと検査をした上で、その方に適した治療や予防を考える必要があります。お口の健康を維持するためには、口の中の問題の原因究明が大事です。一見、回り道に感じられるかもしれませんが、私たちは原因やリスクを突き止めるために総合的な精密検査を行なっています。

人間ドックのように徹底した検査を行い、治療や予防に役立てます
残念ながら、保険診療での簡単な検査では、口腔内の確かな状態がわからないことがあります。例えば歯周ポケットの検査も、保険診療では単純に深さを測るだけですが、当院では1本の歯について6箇所を計測する6点法を導入し、どの部分で歯周病が進行しているか、歯の形、根の長さ、溝の深さなどによるリスクを明確にして治療を行います。

人間ドックのように歯とお口の健康を守るために総合的な精密検査を行うことが当院の特徴です。だからこそ、より効果的で、再発を防ぎ、将来までを考えた治療が可能となると考えています。

患者さんにもお口のなかの状況や治療を把握していただきます

総合的な精密検査お口の中は自分で見ることができません。ですから「虫歯で歯が痛い」という方も、どこがどのように悪くて痛いのか、ということをおわかりになっていない場合が多いものです。しかし、悪いところがわからないままでは、治療しても歯磨きやお手入れが行き届かないこともあります。お口の中を見て悪いところを確認することは、治療の第一歩です。

そこで当院では、お口の中を写真やビデオで記録し、動画などで見ることができるシステムを導入。その場で患者さんに見ていただきます。お口の中の問題的や特徴を、患者さんと歯科医師、歯科衛生士が共有してこそ、よりよい治療が実現できると考えています。

当医院の総合的な精密検査の内容

・口腔内規格写真
・顔貌写真
・各種レントゲン写真
 (パノラマX線写真、デンタルX線写真、頭部X線写真 ※矯正学的分析の際必要に応じて
・上下印象(型取り)後の咬合器上での模型分析
・顎機能検査(顎の関節、周囲筋のチェック)
・唾液検査

院内のネットワークシステム【トリニティコア】

トリニティコア検査終了と同時にレントゲン画像や歯周組織検査のデータをホストコンピュータに転送し、各診療台のモニター表示やプリントアウトを実現させたシステムを導入しました。

検査結果をすぐにプリントアウトできるため、お口の現状をその場で確認していただくことができ、また治療前後の写真を並べて見比べることもできます。診察や検査の結果を目で確認していただきながら今後の治療計画についてわかりやすくご説明し、カウンセリングを行います。

〜当院が軸に据える、根本の理念とは〜

〜当院が軸に据える、根本の理念とは〜

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム