精度の高い診断と治療計画を重視しています【当院の考え方】

インプラント

インプラントはあごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療方法です。チタンには骨と結合する性質があり、生体親和性がよいため、体に優しい素材です。他の歯を削らないので負担をかけることなく、見た目の美しさや、天然歯に近い噛み心地が得られる治療法です。

しかし、歯根を埋め込むあごの状態に左右される点や、治療後も定期的にメインテナンスを受け、きちんと管理することができる環境が必要な点など、インプラントはさまざまな条件を検討する必要があります。当院ではていねいなカウンセリングを行い、インプラントとともにブリッジや入れ歯治療などの利点や欠点を比較し、患者さんそれぞれのお口の状態、ご要望やライフスタイル、ご予算などを考慮し、治療をご提案しています。

理想的なトップダウントリートメント治療を行います【当院の特徴】

トップダウントリートメント当院のインプラント治療は、トップダウントリートメントの考え方を取り入れています。トップダウントリートメントとは、最終的にどういった形にしたいかをイメージして、そこから逆算して治療していく方法です。

CT撮影による顎骨内部の3Dデータを元に理想的なかみ合わせの状態を作り、精度の高いコンピュータガイドを使用して、インプラントの埋入場所・角度などの治療計画を正確にシミュレーションします。このシステムにより、インプラントを短時間で正確な位置に埋入することができるため、患者さんへの負担の少ない、しかも精度の高い治療を安全に行うことができます。

インプラント治療では何よりも高い安全性を重視しています

インプラント治療インプラント治療については、信頼性と実績の高いメーカーのインプラント体を使用し、また環境整備にも配慮し、万全の感染対策を行っています。CT撮影については、用賀駅前のメディカルセンターにて専門技師との連携で行います。安全性を重視し、安心して受けていただけるインプラント治療を心がけています。

インプラントのメリット/デメリット

メリット
・見た目も天然の歯に近い
・歯根を直接あごの骨に植えるため、自分の歯に近い感覚で噛める
・入れ歯やブリッジに比べて見た目が自然で、発音もしやすい
・ブリッジのように隣の歯を削る必要がない
・バネを使用しないため、他の歯に負担がかからない
・歯磨きや手入れがしやすく、入れ歯のような口臭がない

デメリット
●外科手術が必要
インプラントを埋め込むためには外科手術が必要です。さらに通常より精度の高い被せ物や上質の材料が必要となりますので、手術を含めると比較的高額な治療費がかかります。

●治療期間が長い
治療期間は最短で4か月から半年。インプラントの本数が多い場合や、骨を増やす処理も行う場合などでは1年以上かかることがあります。

●治療できない場合があります
残念ながら歯ぐきやお口の中の状態や、糖尿病などの全身疾患などインプラントが適応しない場合もあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム