将来のために、小さいうちから予防と歯磨き習慣をお勧めします【当院の考え方】

小児歯科

生まれてから乳歯、永久歯へと、子ども時代は歯が劇的に成長するときです。それだけに、小児期の予防や治療、そして歯に対する意識は、一生の歯の健康に大きくかかわります。

小児歯科で大切なのは、虫歯の予防と歯並びのチェックです。乳歯のときに虫歯になると永久歯も虫歯になりやすく、また歯並びやかみ合わせに悪い影響を与えることがあります。また歯並びに問題がある場合、適切な時期から小児矯正を行うと、成長を利用して比較的容易に歯並びを治せる可能性が高くなります。

歯医者さんデビューは3歳までに
大切なお子さまの歯を守るために、乳歯が生えそろう3歳ぐらいまでには、虫歯がなくても歯科医院を受診しましょう。当院では、親御さんと共に予防に力を入れるとともに「怖くない歯医者さん」として歯科医院へのよいイメージを育み、お子さまの将来にわたる健康づくりのお役に立ちたいと考えています。

無理せず、少しずつ歯科医院に慣れてもらうように心がけています【当院の特徴】

小児歯科当院では、歯科治療が初めてのお子さまや、恐怖心の強いお子さまには治療は行わず、可能な限りステップを踏んで、少しずつ歯科医院に慣れるように配慮しています。

お口を開ける練習から始め、お口の中の水を吸ったり、器具をお口の中に入れるなど、治療に必要なことを一つずつクリアしてもらい、トレーニングを重ねながら歯科治療を受ける準備を行い、お子さまが充分に慣れてから予防や治療を行います。

どうしても嫌がるお子さまには、あえて治療はしませんし、恐怖心を持ってしまったお子さまは様子をみながら成長を待ちます。できる限りお子さまの気持ちに寄り添いながら、将来、自ら進んで定期検診や治療を受けるような意識を育んでいきたいと考えています。

12歳まで虫歯を作らないことが目標です

小児歯科12歳までの虫歯は親の責任と言われます。当院では、虫歯を予防し、永久歯が生えそろうころまでに歯ブラシの習慣を身につけることをめざし、お父さん、お母さんと一緒に、TBI(トゥース・ブラッシング・インストラクション:歯磨き指導)を受けていただきます。

お子さまが好きな味の歯磨きペーストを用意し、本人のブラッシングと親御さんの仕上げ磨きで徹底的に磨けるようになるまで親子で頑張っていただきます。その後は半年に1回程度の定期検診を行い、歯の生え方や歯並びをチェックし、成長に伴う予防処置やアドバイスを行います。

ご家族の虫歯予防もお忘れなく
虫歯菌は、生後6ヶ月から3才の間に最も感染しやすく、一度感染すると一生その種類の菌を持ち続けます。感染の機会を少なくするには、身近なご家族 (ご両親、祖父母など)も治療を受けて虫菌を減らすとともに、同じ箸を使わないこと、口うつしで食べさせないことを心がけてください。

お子さまの歯の成長に合わせて適切なケアを行いましょう

6〜7ヶ月頃から小児歯科
乳歯は、生後6〜7ヶ月になると下の前歯から生え始めます。歯ブラシに慣れるように、お母さんが見守りながら遊ばせてあげてください。

1歳半頃
乳歯の奥歯が生え始め、食べ物を噛み砕いてつぶすことができるようになってきます。1日1回、親子で歯磨きをする習慣をつけましょう。

2歳頃小児歯科
乳歯の犬歯が生え、野菜などを前歯で噛み切る能力が高まります。食後の歯磨きを習慣づけましょう。仕上げ磨きを嫌がる場合はポイントを絞って短時間で磨きます。

3歳頃
乳歯の最後の奥歯が生え、3歳頃までには20本の乳歯がすべて生えそろいます。歯磨きの大切さを教え、お子さまが進んで歯磨きするようにリードしましょう。

6歳頃小児歯科
乳児から永久歯への歯の生え替わりが始まります。最も虫歯になりやすい6歳臼歯も生えてきますので、本格的な予防を行い、歯磨き習慣をつけることが大切です。特にていねいに仕上げ歯磨きをするようにしましょう。

小学生
小学生になると仕上げ磨きをやめるご家庭が増えますが、まだ一人では十分な歯磨きができません。10歳頃までは、仕上げ磨きをしてください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム