虫歯の進行度と治療法

Co(初期う触)CO
【症状】歯の表面が薄く溶け、白く濁って透明感がなくなり、虫歯が始まったばかりの状態です。
【治療法】歯を守るために、この段階では削ることはせず、再石灰化を促す治療を行います。また予防対策としてフッ素塗布を行い、正しい歯磨き方法を指導し、ホームケアを徹底していただきます。

C1(エナメル質う触)C1
【症状】虫歯菌によって表面のエナメル質(硬い部分)が溶け始めた段階です。
エナメル質には神経がないため、痛みがなく、自覚することはできません。
【治療法】できるだけ削らず、再石灰化を促し自然治癒をめざします。また予防対策としてフッ素塗布を行い、正しい歯磨き方法でホームケアを徹底していただきます。

C2(象牙質う触)C2
【症状】虫歯菌がエナメル質の下にある象牙質まで溶かしてしまった状態。象牙質はエナメル質より柔らかく虫歯の進行が早いのが特徴で、虫歯が歯髄(神経)に近づくにつれ、冷たい物がしみるなどの自覚症状が出てきます。
【治療法】虫歯菌に侵された象牙質の部分を除去し、白いプラスチック(コンポレットレジン)を詰めます。

C3(神経まで達したう触)C3
【症状】虫歯菌がエナメル質と象牙質を溶かして、歯髄(神経)神経まで達した状態です。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合は膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。
【治療法】歯髄(神経)をとり、虫歯菌に感染した根をきれいにし無菌化する根管治療が必要となります。その後、被せ物を作成し装着します。

C4(残根状態)C4
【症状】歯の頭の部分(歯冠部)はなくなり、歯根だけが残っている状態です。歯髄はもうすでに死んだ状態ですので激しい痛みは感じなくなります。さらに歯根の先に膿がたまることもあります。
【治療法】抜歯する可能性は高いですが、治療できる歯質が残っていれば根管治療を行い、被せ物を装着します。歯を残すことができない場合は、抜歯してブリッジや入れ歯、インプラントなどの治療を行います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム