できるだけ痛くない、できるだけ削らない治療を心がけます【当院の特徴】

できるだけ痛くない、できるだけ削らない治療ごく初期の虫歯の場合は、再石灰化して元に戻る可能性があります。当院では、現状を正しく診断するために、マイクロスコープで確認し、再石灰化を促すフッ素を塗布し経過を見守ります。特に小児の歯は再石灰化能力が高いので、再石灰化するかどうかを慎重に見守ります。

進行した虫歯の場合は、虫歯の部分だけを慎重に削り、コンポレットレジンというプラスチックの素材を詰めます。従来、銀歯の素材で治療していた場合は、詰め物がぴったり装着するような形状に大きめに削る必要がありましたが、柔軟性の高いコンポレットレジンを使うことにより、削る部分を最小限にすることができるようになりました。

もちろん麻酔や処置にあたっては、患者さんの感じる痛みをできるだけ軽減するように心がけ、「歯科の治療は痛い」というイメージを払拭したいと考えています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム