歯をできるだけ残すために、精度の高い治療を行います【当院の考え方】

根管治療

根管治療とは、神経に達する深い虫歯のときや、すでに神経を抜いている歯の根っこの先に膿がたまっているときに行う治療で、歯科医療においてもっとも繊細で難しい治療です。根管治療をせずに放置すると歯は長持ちしません。

神経を取ってしまった歯は強度が落ちてしまうため歯が折れてしまうリスクが高まります。そのため基本的には虫歯が深くても神経を残すことを心がけるのが基本です。しかし残念ながら神経が残せなかった場合、できるだけ根の中に細菌が入らないように徹底的に根管治療を行うことが大切です。

虫歯の治療の際は根管治療はできるだけしなくてもすむようにしたい。しかし、必要ならば徹底的治療する。それが当院のモットーです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム