仮の入れ歯でじっくり時間をかけて調整する【ブランチングテクニック】

ブランチングテクニック治療用の入れ歯(仮の入れ歯)を装着していただき、かみ合わせや付け心地を確認し、試行錯誤を繰り返しながら理想の入れ歯を作っていく方法を「ブランチングテクニック」といいます。

仮の入れ歯で試行錯誤することで、付け心地や噛み心地を確認し、微調整を行いながら最終形をめざします。歯科医師と技工士とのきめ細かな連携により、機能的にも審美的にも優れた当院ならではの入れ歯をご提供することができます。

ぴったりフィットする総入れ歯
総入れ歯の場合は、かみ合わせの記録と型取りがより重要になります。型取りは、粘膜の形や筋肉の動きに密接に関わりますので、仮の入れ歯で快適な状態に調整してから型取りを行います。さらにかみ合わせの記録、あごの機能運動の記録をとって調整し、最終的な入れ歯を入れた上でさらにかみ合わせを調整して、理想的なフィット感を実現します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム