親知らずのお悩みにもお応えします

親不知親知らずは前から数えて8番目の歯で、第三臼歯、知歯ともいわれます。生え方によっては歯磨きなどが難しく、虫歯や歯周病になりやすい歯です。また、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメインテナンスも難しいため、治療をしても再発する可能性が高くなります。さらに最悪の場合は、手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことが勧められます。

虫歯や歯周病になってからでは麻酔が効きにくく、抜歯に時間がかかることもあります。また年齢が若い方が抜歯後の骨の回復がスムーズであり、放置しておくと親知らずが骨と癒着する場合などもあります。親知らずが生えてくる年齢(20歳前後〜)になったら診断を受け、親知らずの生え方を確認しましょう。

こんな場合は抜歯をお勧めします
・歯の一部だけが見えてきている場合
・横向きに生えてきている場合
・骨の中に完全に埋まっているがレントゲン写真上問題がある場合
・歯並びを悪くする恐れがある場合

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム