親知らずを利用する歯牙移植

歯牙移植とは、虫歯が大きくて歯の根にまで到達したり、ケガで歯が割れてしまい歯を残せない場合、歯が生まれつきなかったりする場合に、親知らずや機能していない歯(埋伏歯など)を移植する治療です。移植した歯は他の歯と同じように機能します。特に若い年代では成功する確率が高く、天然の歯と同じように歯根膜があるので、自分の歯と同じような自然な感覚で噛むことができます。

移植できる歯が「親知らず」であること、移植する場所に歯がまだ残っている場合など、条件に合えば保険診療となります。ただし、すでに抜かれている歯や、もともと歯がない場合などは保険適用となりませんのでご注意ください。

歯牙移植ができる条件
・患者さんの年齢が40歳前後までであること
・口腔内に適切な移植歯(主に親知らず)があること
・移植歯と移植部位(受容側)の大きさが適合すること

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム