お子さまの歯の成長に合わせて適切なケアを行いましょう

6〜7ヶ月頃から小児歯科
乳歯は、生後6〜7ヶ月になると下の前歯から生え始めます。歯ブラシに慣れるように、お母さんが見守りながら遊ばせてあげてください。

1歳半頃
乳歯の奥歯が生え始め、食べ物を噛み砕いてつぶすことができるようになってきます。1日1回、親子で歯磨きをする習慣をつけましょう。

2歳頃小児歯科
乳歯の犬歯が生え、野菜などを前歯で噛み切る能力が高まります。食後の歯磨きを習慣づけましょう。仕上げ磨きを嫌がる場合はポイントを絞って短時間で磨きます。

3歳頃
乳歯の最後の奥歯が生え、3歳頃までには20本の乳歯がすべて生えそろいます。歯磨きの大切さを教え、お子さまが進んで歯磨きするようにリードしましょう。

6歳頃小児歯科
乳児から永久歯への歯の生え替わりが始まります。最も虫歯になりやすい6歳臼歯も生えてきますので、本格的な予防を行い、歯磨き習慣をつけることが大切です。特にていねいに仕上げ歯磨きをするようにしましょう。

小学生
小学生になると仕上げ磨きをやめるご家庭が増えますが、まだ一人では十分な歯磨きができません。10歳頃までは、仕上げ磨きをしてください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム