将来のために、小さいうちから予防と歯磨き習慣をお勧めします【当院の考え方】

小児歯科

生まれてから乳歯、永久歯へと、子ども時代は歯が劇的に成長するときです。それだけに、小児期の予防や治療、そして歯に対する意識は、一生の歯の健康に大きくかかわります。

小児歯科で大切なのは、虫歯の予防と歯並びのチェックです。乳歯のときに虫歯になると永久歯も虫歯になりやすく、また歯並びやかみ合わせに悪い影響を与えることがあります。また歯並びに問題がある場合、適切な時期から小児矯正を行うと、成長を利用して比較的容易に歯並びを治せる可能性が高くなります。

歯医者さんデビューは3歳までに
大切なお子さまの歯を守るために、乳歯が生えそろう3歳ぐらいまでには、虫歯がなくても歯科医院を受診しましょう。当院では、親御さんと共に予防に力を入れるとともに「怖くない歯医者さん」として歯科医院へのよいイメージを育み、お子さまの将来にわたる健康づくりのお役に立ちたいと考えています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム