Case4: 全顎的に治療(臼歯部の根管治療、補綴処置)を行った症例

<治療前>
症例臼歯部中心に不適合な補綴物が装着されています。補綴時期もバラバラのため調和が取れていません。※下顎前歯には前医で入れたインプラントが装着されています。
<治療後>
症例全顎的に補綴処置を行いました。かみ合わせの平面を整え、元々噛み合わせが失われていた右側の犬歯部はラミネートベニアで回復させました。

<治療前:下>
症例治療前の下顎の状態です。不適合な補綴物が装着されています。上下でアーチの差があるため上手く噛めていない状態でした。

<治療後:下>
症例適合の良い美しいセラミックで修復されています。上下のアーチの差を補うためやや大きい咬合面になっています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

お問い合わせフォーム